2014/01/20.泉南市 トイレつまり解消事例

皆様、水洗トイレはつまらない!と既成概念にとらわれていませんか?

実は、弊社の依頼でかなりの割合を占めるのがトイレのつまりです。

これがなかなか皆さんが気づかないのです。

見た感じ、水流がゆっくりで流れてしまうからです。

今回のご依頼も「ゆっくりではあるんやけど、水が流れるから気にしなかった。でも最近ではもっと遅くなった...」と。

これは確実にどこかで塞いでしまっている可能性があります。

この原因というのが、トイレットペーパーです。

トイレットペーパーは水溶紙と言われるもので水に溶けます...

しかし実際は細かく粉砕された状態になり100%水に溶けるわけではございません。

これが蓄積されてつまりを起こす原因となるのです。

今回も汚水管の蓋をあけるとこのような状況になってました...

tsumari1.jpg白く見えるのがトイレットペーパーです。

 高圧洗浄にて管内洗浄作業開始 逆噴射ノズルを使用し水圧12Mpaにて管内洗浄開始

トイレットペーパーと共に「木」のような物体が大量に...

誰かのいたずら?と思いきや実は管の周りに蓄積していたものなのです。

tsumari2.jpg尿石(尿に溶けてるカルシウムイオンが濃縮し炭酸などと反応してできた石状のもの)でした。

 築25年以上の家屋で一度も管洗浄を行っていない排水管はこのようなものが出てきます。

トイレットペーパーと尿石を取り除くと、水流は以前の2倍以上となり解消されました。

以前のブログでも書きましたが、詰まってからでは遅いのです。

2か月に1回ないし3か月に1回のメンテナンスをユニオン環境ではおすすめしております。

このような状況になりましたらすぐにこちらもしくは、072-480-6856までお問い合わせください。



ページの先頭へ