2017/06/12.集合住宅の修繕工事の様子をレポートいたします!

こんにちは。株式会社ユニオン環境の辻野です。本日は大阪府泉南市内にある集合住宅の修繕工事の様子をお知らせいたします。

DSCN4021.JPG

まずはこちらの写真をご覧ください。通常、ビフォー→アフターの写真の順なのですが、弊社自慢の出来栄えのため先にアフターの写真をご覧いただきます。

そして下の写真がビフォー、施工前の写真です。

DSCF7240.JPG

どうでしょうか。かなり年季の入った様子のキッチンがきれいに生まれ変わった様子を見て頂けると思います。見比べますとまずシステムキッチンが入れ替わっていることが目につくと思いますが、それ以外にも様々な工事が行われています。その一部を下記に書き出してみました。

  • システムキッチンの入れ替え
  • 給湯機の取り外しと新たな給湯システムの導入
  • 換気扇の取替え
  • 給水管、排水管の取替え
  • ガス管の取替え
  • 上部戸棚の取替え
  • 電気コンセントや配線の取替え
  • 床材の取替え など

これに加えてもちろん弊社ならではの丁寧な排水管洗浄も行われています。

弊社の得意分野は水回りですが、それら以外の周辺工事についても一括でさせていただいております。それがお客様にとっては「なんでもユニオン環境にお願いしたら大丈夫!」と安心につながっているところが弊社の強みでもあります。

次は和室の様子をご覧ください。まずは施工前の写真です。

DSCF7242.JPG

いかがでしょうか。畳は日に焼けて、壁やふすまの老朽化も目立ちます。そして、下の写真が施工後です。

DSCN4020.JPG

クロスの張り替えやふすま(建具)の取替え、畳の入れ替え、さらには電気配線工事や照明器具の入れ替えなど・・・本当にきれいに生まれ変わりました。

こうした修繕・リフォーム工事でいつも大切にしていることは、ここにこれから住む住まい手さんのことを考えることです。丁寧な仕事を心掛けることはもちろんですが、「この部屋で今後どうした生活が繰り広げられていくのか。」とか「笑いの絶えない幸せな暮らしをおくってほしいなぁ。」といったことに想いを馳せることで1つ1つの修繕がプロの仕事として最高の出来栄えになっていくと思っています。

また、施工前の状況についてもそうです。写真を見ただけでは単なる「年季の入った古いキッチンや和室」としか感じられないかもしれません。でもここで長い年月の間、生活した家族が確かに存在し、笑ったり泣いたり、喜んだり悲しんだり、色々な事柄がここで起こってみんな年を重ねていったんだろうなぁと考えてしまいます。そのご家族は新しいところに移られたわけですが住まいは新しい家族に引き継がれています。古くなったキッチンや畳など廃棄するときも、そうした家族を支えてきたことに感謝の気持ちをこめることが大切だと信じています。



ページの先頭へ