2017/07/03.飲食店さんの店舗入り口にあるシャッターの落書きを消して参りました!

こんにちは。株式会社ユニオン環境の辻野です。7月に入って急激に暑くなってきましたね!皆さん、熱中症にならないようにお気を付け下さい。

DSCN471.JPG

本日はシャッターに描かれた落書きの洗浄の様子をレポートいたします。まず1枚目の写真をご覧ください。大阪市内にある飲食店さんの店舗修繕工事に応援で行っていたのですが、そこのシャッターにはこんな落書きがされていました。
※立てかけてあるのは修繕工事で用いられる木材などです。

もともとは修繕工事の応援に行っただけなのですが、シャッターの落書きを目の当たりにして店舗のオーナー様に「この落書き、洗浄できれいになりますよ!」と提案させて頂きました。

営業中の時間はシャッターは開けてあるため落書きは見えませんが、閉店中の間はずっとこの落書きが通行人の目に触れることになります。おいしい料理や楽しい接客などでお客様をおもてなししていても、これではイメージダウン。こちらの店舗のオーナー様も気になっていたようでした。弊社からの提案に対してご快諾。すぐに洗浄に取り掛かることになりました。

DSCN473.JPG

こちらは洗浄途中の様子です。弊社ではこうした落書きを消すのに高圧洗浄やエコロビーム工法と呼ばれる手法を取ります。ただ今回は手作業にて洗浄させて頂きました。それは修繕工事の途中で人の出入りもありますし、周りに修繕用の木材など材料が置いてあり高圧洗浄向けの養生が難しかったからです。状況に併せて様々な工法を選択できるのも弊社の強みです。洗浄エリアもそう広くないことから手作業の洗浄を選びました。

DSCN476.JPG

こちらが洗浄後の写真です。きれいに落書きが消えました。

シャッターの落書き。初めてこのオーナーさんが落書きを見たとき、どのような思いだったでしょうか。とても残念で悲しかったと思います。そして毎日毎日お店を開ける時、閉める時にその落書きを目にします。そのたびに悲しい思いをするわけです。人の気持ちを考えないこうした落書きは本当に許せません。

きれいになったシャッター、そして修繕された店舗、さらにはおいしい料理や最高のおもてなしでたくさんのお客さんを笑顔にしてほしいと思います!その一助になれたこと、とっても光栄ですし落書き洗浄の仕事にとてもやりがいを感じています!



ページの先頭へ