2017/07/26.大阪府泉南市内の側溝、暗渠(あんきょ)を清掃して参りました!

こんにちは。株式会社ユニオン環境の辻野です。本日は大阪府泉南市内の側溝、暗渠(あんきょ)を清掃して参りました様子をレポートいたします!ちなみに暗渠(あんきょ)とは地中に埋設された水路のことで、暗渠に対して水路の様子が地上から確認できるものを開渠(かいきょ)といいます。側溝は道路に沿って設けられる水路(主に排水目的)ですが、暗渠と開渠に分類されます。今回も暗渠と開渠の両方を清掃させていただきました。

DSCN2644.JPG

まず、こちらが今回の清掃に用いた弊社の専用車両です。泥などを吸引する吸引車と汚れをそぎ落とすための高圧洗浄機です。

まずは開渠部分からの洗浄の様子です。

DSCN2648.JPG

こちらが洗浄前です。側溝に泥やゴミなどが堆積していますし雑草も生えています。これでは流れが悪くなり少しの雨で溢れ出てしまいます。

DSCN2655.JPG

こちらが洗浄の様子です。もともと水分を含んだ泥の状態だったためまずは吸引です。こびりついた泥や汚れは適時高圧洗浄機で削ぎ落としてから再び吸引します。

DSCN2666.JPG

こちらが洗浄後の様子です。泥やゴミが無くなっています。もちろん生えていた雑草も。側溝内だけでなく道路脇の雑草も併せて除去させていただきました。

次は暗渠部分です。開渠部分と比較してゴミが堆積しやすく清掃もコツが必要なのです。

DSCN2675.JPG

こちらが洗浄前の様子です。泥、枯葉、さらに奥の方には空き缶まで見えます。こうしたゴミなどは高圧洗浄機でかき出します。

ここで皆さんに「逆噴射ノズル」について説明します。家庭用の高圧洗浄機は水が進行方向に噴射されますが、それですとゴミを向こう側に押し流すだけで除去することができません。こうした場合はゴミを手前側に引き出すために逆噴射ノズルを使います。

gyakufunsha.jpg

こちらが逆噴射ノズルの一例です。ホースを取り付ける側に小さい穴が空いています。そこから高圧洗浄水が噴射されます。だからホース側に水が出てくるわけです。この逆噴射ノズルを取り付けた高圧洗浄機のホースを先に暗渠の奥の方まで差し込みます。そして高圧洗浄水を逆噴射させれば手元にゴミがかき出されてくるわけです。

DSCN2685.JPG

こちらが洗浄後の様子です。きれいに泥やゴミが除去されました。洗浄前は気が付かなかったのですが、暗渠の蓋の部分は木製だったのですね。木目が確認できるほどきれいになっています。

今回は半日ほどかけて、こうした側溝を50mほど洗浄させて頂きました。これで雨が降っても安心です。弊社が位置する大阪府内でも非常に強い雨がよく降ります。今年は本当に集中して強い雨が、そしてときには長い間、降ることが多いです。そうした自然の猛威から地域の人たちの生活を守るのがインフラです。このインフラ整備を守る一翼を担うことができて、この仕事に誇りとやりがいを感じています。



ページの先頭へ