2017/08/09.農業用水の取水口とポンプの洗浄を行って参りました!

こんにちは。株式会社ユニオン環境の辻野です。先日の台風5号による被害、皆さんは大丈夫でしたでしょうか。弊社が位置する大阪でも大雨と強風により様々な影響がありました。地元自治体さんと協力して地域のインフラを守る企業として台風が来るたびに身が引き締まります。

DSCN3530.JPG

今日は少し珍しい洗浄作業をレポートいたします。上の写真をご覧ください。これは川から農業用水を得るための取水口です。弊社が位置する泉州エリアは農業も盛んで田畑も多く、こうした川などから農業用水を取得するための設備がいくつかあります。

こうした設備は地元自治体さんや水利組合さんが管理しているのですが、その水利組合さんから「流れが悪くなってきた・・・」と自治体さんに相談があり弊社に洗浄の依頼が参りました。

泥や小さな石でいっぱいになっています。通常の水位であれば問題ないのですが先日の台風や大雨のようなときは川の水位があがり、取水口にも石や泥がたくさん流れ込んできてすぐにつまってしまいます。

DSCN3537.JPG

こちらが洗浄後の様子です。石などを除去し堆積した泥は吸引車にて吸引いたしました。

DSCNE3566.JPG

こちらが弊社保有の強力吸引車。小型ながら力強い吸引力があります。農業関係の現場ではこうした河川沿いやあぜ道など狭い道が多いため、この小型吸引車が大活躍します。お客様のニーズに合わせて適切な洗浄・施工を行うためにこうした設備を取りそろえているところも弊社の強みです!

DSCN3558.JPG

こちらは別の取水口です。雑草がたくさん生えて、中身の様子が全く分かりません。

DSCN3559.JPG

こうした取水口にはポンプ機能が備わっているものもあります。雑草を取り除いたあとは、ポンプや配管に付着しているゴミや泥をブラシできれいに洗浄しました。。こちらの写真上部に写っているのは吸引車の吸引ホースです。堆積物をどんどん吸い取っていきます。

DSCN3560.JPG

こちらが洗浄後の様子です。とてもきれいになりました。これで田畑へスムーズに給水されるようになりました!

今は夏真っ盛り。弊社が位置する泉州エリアは水ナスの名産地であり今のシーズンは収穫真っ只中です。農家の人たちがおいしい農作物を育て、それをたくさんの人たちがおいしく頂く。季節の野菜は本当においしいですね。そうした日常の幸せを下支えしていると考えると、こうした洗浄作業にも大きなやり甲斐を感じることができます!!



ページの先頭へ