2017/09/05.実務研修(戸建排水管洗浄)の様子をご紹介します!

こんにちは。株式会社ユニオン環境の辻野です。本日は実務研修(戸建排水管洗浄)の様子をご紹介します!

弊社では今年度から技術力向上のために社内で実務研修を行っています。実務研修の種類はピット清掃、水回り機具の取り付け取り外し、落書き洗浄など多岐に渡り、今回は戸建住宅の排水管洗浄についての研修を実施しました。

DSCN7170.JPG

こちらは台所の排水管清掃の研修の様子です。段取りや清掃の手順、高圧洗浄機の使い方やコツなど様々なポイントを学びます。研修におけるポイントとしては生徒側はもちろん、先生役も社員が行っていることです。先生役を担当することで自分の中の知識や経験を伝える必要があります。この「伝える」という作業のために頭のなかを整理する必要もありますし、「どうすれば伝わるのか?どのように説明すればわかりやすいのか?」などコミュニケーションの工夫にもつながります。先生側も多くのことを学べるのです。

DSCN7175.JPG

こちらは浄化槽や公共下水への接続部分の清掃について研修している様子です。同じ高圧洗浄でも前述の台所で行う場合と高圧洗浄機の使い方、コツなど変わってきます。排水管のすべてを目で見る事はできません。それでもどのように配管されているのか頭でイメージしながら清掃することが大事です。実際に先生役の社員がやってみせて、そして生徒側の社員がやってみる。それを何度も繰り返して学んでいきます。

「研修で1回やったから大丈夫!」というわけにはいきません。何度も学んで試して実践する。この繰り返しが技術力を確実に高めていくと考えています。だからこうした研修も定期的に行っていきます。また他の研修の様子も紹介していきたいと思います。



ページの先頭へ