2017/09/12.ハトのフンに悩まされる集合住宅のベランダ・廊下部分を洗浄して参りました!

こんにちは。株式会社ユニオン環境の辻野です。

本日は集合住宅のハトのフン対策についてレポートいたします。共用部分の廊下や各部屋のベランダなど屋外にさらされている部分にハトがやってきてフンをします。臭いや汚れはもちろん、衛生状態も悪くなりますので悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、ある自治体さんが管理する集合住宅でハトのフンによる汚れがひどいので洗浄してほしいという依頼がありました。ただ洗浄してもハトはまたやってきますのでベランダ等に防鳥用のネットを取り付ける作業も併せて行いました。今回は洗浄部分のみのレポートとなりますが機会がありましたらネット取り付けについても紹介したいと思います。

DSCN5569.JPG

洗浄作業はこのような感じで進めていきます。写真は高圧洗浄によって床にこびりついたフンなどの汚れを落としている様子なのですが、初めにいきなりこれをすると水圧の勢いでフンが飛び散ってしまいますのでまずは手作業で簡単に取れるフンを掃除します。それからの高圧洗浄となります。

DSCN5571.JPG

こちらはベランダの排水溝です。こちらにフンが溜まると詰まってしまい雨水などが流れに食う成ってしまいます。ブラシできれいにしたあと高圧洗浄で排水管の中まできれいにしていきます。

DSCN5578.JPG

こちらは集合住宅建物周辺の洗浄です。建物の周りにもフンがたくさん。丁寧に洗浄していきます。

作業の様子は以上です。以下、洗浄前と洗浄後の様子をセットにしました写真をご紹介します。

2.jpg

こちらは共用部分の廊下の様子です。フン以外のゴミなども落ちておりましたので併せてきれいに洗浄いたしました。

3.jpg

こちらはベランダです。たくさんのフンで埋め尽くされています。写真にわずかながら防鳥用のネットが写っています。これでハトの侵入の心配もありません。

1.jpg

こちらは別の部屋のベランダです。一部のベランダではハトが巣をつくり卵がかえった跡もありました。高圧洗浄ですっかりきれいになりました。

今回は4階建て32戸の集合住宅にて洗浄させて頂きました。洗浄に要した作業時間は概ね半日程度です。共用部分やベランダは作業のしやすいところはいいのですが中には高所で危険な場所もあります。ご自身で洗浄する場合は落下などお気を付け下さい。「やっぱりプロにお任せしよう!」ということであれば是非ご連絡ください!



ページの先頭へ