2017/10/16.小学校のトイレ詰まり。汚水管を塞いでいたのは意外なものでした!

こんにちは。株式会社ユニオン環境の辻野です。本日はある小学校のトイレの水が流れないという相談を受けての緊急洗浄の様子をレポートいたします。

DSCN6204.JPG

考えうる問題をいろいろ想定し必要な道具や高圧洗浄機とともに現場に向かいました。まずはトイレのチェックです。小学校の集合トイレは単に「トイレの水が流れない」といっても様々な原因が考えられます。1つだけ流れないのであればそのトイレから本管に至るまでの間。他のトイレも同様に流れないのであれば本管から公共下水に至るまでの間が疑わしいことになります。

DSCN6195.JPG

今回の原因は後者でした。校舎のトイレ位置すぐ裏手にある本管のマンホールを開けてみるとご覧の通り。汚水がぎりぎりのところまで溜まっており全く流れていない状態でした。

「何か詰まっていて流れを妨げているに違いない!!」

ということで調査開始。そしてついに見つけたその正体はこれでした。

DSCN6196.JPG

正体は木の根っこです。小学校なので校舎の周りにはたくさんの木があり、長い年月をかけて地中に根が広がり下水本管にまで浸食してきたのでした。早速除去したところ、あれだけ溜まっていた汚水はすぐに流れていきました。

DSCN6198.JPG

「これでめでたしめでたし。作業完了!」ではありません。せっかくですので本管も高圧洗浄にてしっかりと洗浄させて頂きました。いつもこちらのブログで登場するオレンジ色のホースと異なり今回はブルーです。こうした大型施設の排水管は径の大きなものが多いため太い排管でも対応できる強力なもので洗浄させて頂きました。

DSCN6200.JPG

こちらが洗浄後の様子です。すっかりきれいになりました。トイレの水がしっかり流れることも確認して無事作業終了です。

トイレの水が流れない・・・トイレに行けない・・・なんてことになると小学生も勉強どころではありません。すっかり直ったトイレで安心して勉強したり遊んだりしてほしいと思います!

今回は自治体さんからの依頼で緊急洗浄作業となりました。いつでもスピーディに現場に駆けつけられることが弊社の強みでもあります。皆さん、トイレや水回り、おかしな現象に気が付きましたらすぐにご連絡ください!!



ページの先頭へ