2017/10/23.管渠洗浄作業の様子をレポートいたします!

皆さん、こんにちは。株式会社ユニオン環境の辻野です。昨日は台風21号によって様々な被害が出ました。弊社が位置する泉南市やその周辺でも様々な被害があり、現在自治体さんと協力しながら被害状況の把握は応急措置などで走り回っています。

台風は通過した後も雨や風が強く残る場合もありますし、また川や水路では時間が経ってから水かさが増すこともありますので今後も皆さん十分に注意してください。

DSCN2455.JPG

本日は流れが悪くなった管渠の洗浄の様子をお知らせします。管渠は「かんきょ」と読み、大きくは開渠と暗渠に分かれます。開渠は側溝のように蓋がされておらず中の様子がわかるもの。暗渠はこの写真のように管状のものや蓋がされている状態で普段は中の様子がわからないものをいいます。

こちらの写真は雨水を流すためのものですが、土砂がゴミが堆積しており流れが悪くなっています。近隣にお住まいの方から自治体さんへ連絡が入り弊社に洗浄作業の依頼が参りました。

話はまた台風に戻りますが、今回の台風ではたくさんの雨が降りました。こうした雨水管への土砂やゴミの流入も大量にあったと思われます。本日は雨がやんでいますので、その間にこうした土砂が固まって乾燥し、後日流れが悪くなっていることに気が付くことも多いのでご注意ください。

DSCN2461.JPG

こうした土砂やゴミの詰まった管渠を洗浄するとき弊社では高圧洗浄車と大型吸引車を使います。高圧洗浄水で汚れをきれいに落としながら、汚れや土砂とともに吸引してきれいにしていきます。

DSCN2460.JPG

こちらが洗浄後の様子です。きれいさっぱり土砂がなくなりました。これで本来の管渠の機能を取り戻すことが出来ました。

最後となりましたが、この度の台風にて被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。



ページの先頭へ