2018/02/24.公共水路の浚渫(洗浄)作業

こんにちは。株式会社ユニオン環境の辻野です。本日のブログ記事は公共の水路の浚渫作業をレポートいたします。

いつもは一般の住宅やマンション、民間の企業の店舗や工場などの洗浄作業をご紹介していますが今回は公共の水路です。

DSCN7675.JPG

こちらがその水路。雨水などが流れるところなのですが枯葉やゴミ、泥などが堆積しています。近隣にお住まいの方から自治体さんへ洗浄してほしいとの依頼があったようです。このままにしておきますと水の流れが悪くなるほか、溜まった雨水からボウフラなどの虫が発生したり臭いの原因になります。

DSCN7562.JPG

こうした大掛かりな洗浄作業の場合は弊社の強力な設備車両が力を発揮します。こちらが強力吸引車。

DSCN7563.JPG

そしてこちらが高圧洗浄車です。どちらも居宅内などで使うものとはパワー・性能が段違いです。こうした高機能の洗浄設備を持っているのも弊社の強みです!!

DSCN7679.JPG

早速作業開始。強力吸引車で水路に溜まったゴミや泥をどんどん吸い込んできます。合せて壁面などは高圧洗浄できれいにしていきます。

DSCN7680.JPG

DSCN7681.JPG

こうして作業は完了しました。すっかりきれいになりました!!

最後に、ここまでお読みいただいた方の中には「浚渫って何?」と思われた方もおられるかもしれませんので、こちらで説明させていただきます。

浚渫は「しゅんせつ」と読みます。言葉の意味は「水底をさらって土砂などを取り除くこと。」です。こうした水路の堆積物を取り除くこと以外に、河川やダム、港湾エリアなどの土砂を取り除くことも浚渫と言います。

ちょっと気になりましたので漢字の意味も調べてみました。「浚」は訓読みで「ふか(い)」や「さら(う)」と読むようです。「渫」も「さら(う)」と読むそうです。どちらの漢字も意味に「水底の泥やゴミを除き去る」が含まれます。

普段は皆さんの目にとまることがあまりない浚渫作業ですが、水底にゴミなどがたくさんあると水路やダムの機能が失われたり、船の行き来などで危険が及ぶこともあります。決して目立たないのですがとっても大事な作業なのです。これからもそうした作業に誇りをもって取り組んでいきたます!



ページの先頭へ