2018/03/11.製品工場の汚泥ピットを清掃して参りました!

こんにちは。株式会社ユニオン環境の辻野です。本日は泉州エリアにある工場の汚泥ピットを清掃してきました様子をレポートいたします。

DSCN8454.JPG

工場のピットは大型なので強力な性能を誇る自慢の吸引車と高圧洗浄車で向かいました。家庭用や店舗などから小規模、中規模から工場などの大規模施設の洗浄に対応できることが株式会社ユニオン環境の強みです!!

DSCN8456.JPG

こちらが今回の洗浄対象となる汚泥ピットです。もう少しであふれそうなぐらい汚泥・汚水がたまっています。

DSCN8472.JPG

堆積量を測ってみますと95cm弱。ほぼ1mにまで到達していました。

DSCN8461.JPG

こうした大型のピットの場合は中に入り込んで洗浄するのですが、これだけ堆積していると作業ができませんのでまつは吸引車で大まかな吸引を行っていきます。

DSCN8479.JPG

そして中に入り込んで隅々まできれいにしていきます。

DSCN8482.JPG

こちらが作業完了後の写真です。ピットの底の隅々まで徹底的に洗浄いたしました!!

DSCN8457.JPG

次はその汚泥ピットにつながる排水管です。こちらが洗浄前。半分ほど堆積物で埋まっており排水性能がかなり低下しています。

DSCN8476.JPG

こちらが洗浄後です。吸引車と高圧洗浄ですっかりきれいになりました!!

DSCN8459.JPG

次は側溝部分です。上に見えるのは鉄板の蓋なのですが、こうした開口部がある場合は隙間からゴミや根っこが入り込むことが多いのです。今回も洗浄前は写真のような様子でした。

DSCN8492.JPG

こちらが洗浄後の様子です。すっかりきれいになって奥の方まで見渡せるようになりました!!

冒頭にも記載しました通り、弊社の強みは工場などの大型施設にも対応できることです。自社で洗浄されている企業も多いと思われますが専門的な機器が無いため時間がかかり、また排水機能の復帰も限定される場合もあります。

排水機能の復帰が第1の目的ですが、弊社では効率的・スピーディな洗浄が可能であることはもちろん、補修が必要な場合などは最適な解決策を提案させて頂きます。

工場設備の排水についてご不満・ご不明なことがございましたら、是非ご連絡ください!!



ページの先頭へ