2018/04/05.公衆浴場の排水系統の洗浄 その2

DSCN9824.JPG

こんにちは。株式会社ユニオン環境の辻野です。先週に引き続きまして公衆浴場で行いました排水系統の洗浄の様子をお知らせいたします。

ご依頼いただきました自治体さんは2つの公衆浴場を運営されています。大人の利用料が200円~250円というリーズナブルな価格で地域の人たちに喜ばれている施設です。

DSCN9833.JPG

こちらが排湯熱交換器。排湯の熱を新しい水に移すための設備です。中央に梯子のようなものが見えますが細い管がそのような形に張り巡らされており、その管が中を通るときに、周りの排湯の熱を吸収していくわけです。

DSCN9841.JPG

こちらが洗浄中の様子です。高圧洗浄で汚れを落としていきながらポンプで汚れた水を吸い取っていきます。細かな部分はブラシを使って丁寧にブラッシング。どんどんきれいになっていきます。

DSCN9844.JPG

こちらが洗浄後の様子です。ピカピカになりました。排湯熱交換器も汚れていては熱を交換する性能が低下してしまいますが、これだけきれいにしておけば性能も復活です!

DSCN9852.JPG

次は排水枡の洗浄です。高圧洗浄を使って排水管に付着したゴミや汚れを除去していきます。

DSCN9871.JPG

こうした枡が浴場周辺に10カ所程度。1つ1つ丁寧にきれいにしていきました。当日は雨が降っており肌寒い天候だったのですが、黙々と洗浄を進めるスタッフに感謝しています。

これにて公衆浴場シリーズは完結です。各住宅に浴室が設けられるようになってから公衆浴場のお客さんが減り続けています。それでもお年寄りを中心として憩いの場、交流の場として欠かせない存在です。排湯熱交換器の洗浄は燃料費の削減にもつながりますので公衆浴場の運営費抑制にもつながります。もちろん排水系統の洗浄は公衆浴場の衛生環境を良い状態に保つことにもつながっています。

地域の人たちにとっての「憩いの場、交流の場」を支える縁の下の力持ちとして、これからもがんばっていきたいと思います!



ページの先頭へ